TOP 10 米国海外腐敗行為防止法

米国海外腐敗行為防止法 2023 February

連邦海外腐敗行為防止法とは何ですか?

連邦議会 は、 1977年 、外国公務員に対する賄賂に歯止めをかけ、アメリカの企業システムの正当性に対する公衆の信頼を回復すべく、連邦海外腐敗行為防止法を制定した [2] 。 本法は、 1998年 に、国際的賄賂禁止法(International Anti-Bribery Act of 1998)により改正された。 改正の趣旨は、 経済協力開発機構 (OECD) の 1997年 賄賂禁止条約 [8] の内容を国内法に反映させることにあった。 連邦海外腐敗行為防止法の賄賂禁止規定は、従来から、米国の個人と企業、および米国に上場している一定の外国企業が、自己又は他人のために、取引を獲得もしくは維持することを目的として、外国公務員に支払をすることを禁じていた。

米国海外腐敗行為防止法(fCPA)ってなに?

「FCPA」は腐敗行為防止法 FCPAとは、「The Foreign Corrupt Practices Act」の略語で、日本では「米国海外腐敗行為防止法」と呼ばれています。 米国外の公務員に対して商業目的での贈賄行為を禁止する目的のもと、米国で1977年に制定された法律です。 FCPAは、大きく分けて贈賄禁止条項と会計処理・内部統制条項から構成されています。 贈賄禁止条項とは、米国人や米国企業等が米国以外の政府関係者・公務員への賄賂を禁止する規定です。 また、直接的な贈賄だけではなく、支払いの約束や申し入れ・承認を促すような行為は、たとえ間接的であっても行ってならないとされています。

腐敗の防止に関する国際連合条約ってなに?

意見・要望を募集 しています。 腐敗の防止に関する国際連合条約 (ふはいのぼうしにかんするこくさいれんごうじょうやく、 英語: United Nations Convention against Corruption )は、組織や個人の 汚職 や腐敗行為から生じる 経済犯罪 を防止するために設置された 条約 。 略称は 国際連合腐敗防止条約 (こくさいれんごうふはいぼうしじょうやく)。


Posted

in

by

Tags:

Comments

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *